厚みの違い|魅力のあるフライヤー印刷|サービスが充実

魅力のあるフライヤー印刷|サービスが充実

厚みの違い

カラーチャート

ネットからフライヤー印刷の注文を行なう場合、紙の種類や厚みを選択します。紙の厚みの表示には「kg」という単位が使われていますが、初めて利用するという人にはそれがどのくらいの厚みか判断できないことが多いです。どうして厚みにkgを使うのかというと、あるサイズの紙を1000枚重ねたときにどのくらいの重さになるかで厚みを考えるからです。そのため表示されている数字が大きいものほど厚みのある紙になります。しかし、紙の種類によってその密度は異なるため、同じ数字でも種類が違うものは厚みの比較が難しいことがあります。具体的な厚みを知りたいと考えるなら用紙のサンプルを請求しましょう。
サンプルなどを参考にしてその紙の厚みが分かった場合でも、それが目的のフライヤー印刷に合っているか分かりにくいものです。印刷会社のサイトにはその厚みをよく使っているフライヤー印刷の種類が紹介されているので参考にすることができます。例えば、コート紙53kgというものは一般的によく利用されるフライヤー印刷の用紙です。薄くて軽いという特徴を持ちながら、紙の表面にコート剤が塗られているので鮮やかな仕上がりになります。薄い紙の場合多くの枚数を重ねてもかさばりにくく、値段も安いので人気があります。フライヤー印刷で人気がある厚みは薄いものばかりではありません。例えばフライヤーにクーポンをつけたいと考える場合には、クーポンを切り取ってもしっかりとした強度を持っている必要があります。そのため、クーポンをつけるフライヤー印刷では厚みがあり丈夫な紙が利用されます。